読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ド☆ストライク!!

昨日はHNS〇〇支部のメンバーと夕方からスト開始!

 

 

自分の場合、数よりも質にこだわったナンパを意識する

 

 

本日、ドストライクの子を発見!

 

 

 

ペアーズにいたら確実に4000いいね越え!ペアーズ退会したけど笑

 

 

 

すぐに声かけ!!

 

 

「今、目会いましたね!買い物?」

 

 

女性「そうですか?」→笑反応あり!

 

 

「すいません、俺の勘違いで、さまよってるんですか、さまよってんの?」

 

 

女性「駅向かってるんです」

 

 

「駅向かってる、〇〇駅?教えましょうか?俺グーグルマップより詳しいんですよ」

 

→ここがいらなかった。

「駅向かってる、だから張り切って上着脱いで向かってるんですね、向かう意識が高い」

とかにすれば良かった。。

→状況指摘と共有スペース

 

会話軸が相手になっていなかった。

 

「そうなんですね」→低反応

 

 

「てゆーか、めちゃめちゃ寒くないですか?」

 

 

「いや、大丈夫」

 

 

「寒いのにわざと上着脱いでるんですか?ドМでしょ」

 

完全にいらないドМは。

 

 

「いやいやいや」

 

 

「むかついたら殴っていいんですけど、今日はこの後どうするんですか?」

 

 

女性「買い物します」

 

 

「もうもってるじゃないですか、十分おしゃれですよ、まだ買うの」

 

 

女性「笑」

 

 

 

「どうせ万引きとかするんでしょ、あのあっちのカフェに冬ものクーポンあるんで

とりにいきません?」

→佐藤さん直伝、クーポンオファーは使うのが早すぎた

楽しませるので使うのはいいが、低反応で使ったら意味なし

 

 

 

 

女性「あー大丈夫です」

 

「大丈夫っていうのはOKって意味の?」

 

→苦し紛れ

 

 

 

女性「結構です」

 

 

[クーポンいらないんだ」

 

 

女性「大丈夫です」

 

 

「俺そんなネタないよ、てか買い物して帰るだけじゃんか」

 

 

女性「いやー大丈夫です」

 

 

「・・・・・・分かりました、ありがとうございました」

 

 

 

惨敗、惨敗じゃ。

 

 

ひよった、ドストライクすぎて。

 

 

会話に余裕がなさすぎる

 

 

音声聞いていると相手の断り定型文しか引き出せていない。

 

アウトプットが一方的だ。

 

 

最初の入りで、笑い反応がとれたのにもったいない

 

 

 

ドМでしょ?も踏み込みすぎた。そこで女性のテンションをさげてしまった

 

 

下げてしまってオファーするから低ステータス

 

 

断り定型文しか出てこなくなる

 

 

ナンパとは1つの会話選択が命とりになることが改めて知る

 

 

 

特にレベルの高い女性は。

 

 

 

しかしかわいかったなぁ。

 

 

レベルの差を感じざるを得ない。

 

 

あの女性は他の男の者か。負けられん!!

 

 

 

 

 

でも思った。俺が声をかけようとした時に、隣の男がその子を

かわいいなぁ。という顔で見ていた

 

 

 

俺も数年前までは、その男のようにその他大勢だった。

かわいいな・・・・終わり。

 

 

 

しかし、今は違う!

 

 

 

躊躇なくレベル高い女性に声掛け!

姿勢、声トーン、声掛け位置。アイコンタクトを意識して声掛けしたら

笑反応もとれた。

その後はダメだったが。

 

 

 

 

 

カフェクロージングマスターレベルのマックスが99だとしたら

 

 

 

昨日も冒険でレベル2まではいった、いきなりバラモス級が出てきてビックリした笑

 

 

 

 

 

あんな子を即れたら?

 

 

 

 

コツコツレベルあげていきます!