読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパの神様

 

 

 

昨日、会社の後輩と飲みに行っていた

 

 

 

その後輩は国立大学を出ていて頭がよく、できる男だ

 

 

 

そんな彼と半年前のことだ

 

 

 

 

突然、辞める。ということを知らされた

 

 

 

 

 

それを聞いた時はびっくりした

 

 

 

 

ちょっと前に話をしていた時に、

 

 

 

「もっと売れたい、出世したい」

 

 

 

 

そう成功願望が強い男だったからだ

 

 

 

 

その男の糸が切れてしまったのか

 

 

 

 

誰が止めても、彼の辞めるという意思が強かった

 

 

 

 

基本的に俺は去る者追わず。のタイプ

 

 

 

 

特に仕事の場合、やる気のない奴は辞めればいいと思っている

 

 

 

なぜなら俺の仕事は研究職でもなく、事務職でもなく

 

 

 

 

営業職だからだ。

 

 

 

 

もろに自分のマインドが成績に反映される

 

 

 

それはナンパも同じか

 

 

 

 

ただ、その後輩が辞める。と聞いた時は

 

 

 

全力で止めようと思い、飲みに行った。

 

 

 

 

「お前マジで辞めんの?」

 

 

 

後輩「すいません、色々お世話になったんですが辞めます」

 

 

 

 

 

ここから俺の理解者クロージングがはじまった

 

 

 

佐藤エイチマインド。

 

 

 

 

あそこまで本気で人をとめたことはなかった。

 

 

 

 

 

色々話した。

 

 

 

 

 

 

「俺はお前とこの会社を大きくしたい。お前は可能性しかない、次のやりたいことが決まってないなら逃げんな!」

 

 

 

などなど熱い言葉を投げる

 

 

 

 

もはや佐藤エイチマインドから色恋マインド。笑

 

 

 

完全に理解ではなく熱意になっていた。

 

 

 

 

「一緒にがんばろうぜ!な!!」

 

 

 

 

今でも鮮明に覚えている。後輩からの言葉

 

 

 

 

「俺はもっと前から〇〇さんに相談しとけば良かった。

やっと分かりました。俺は逃げてたって。

俺も〇〇さんと仕事したいです…」

 

 

 

 

俺は勝利を確信した

 

 

 

 

コイツ、残ってくれると。

 

 

 

 

 

後輩「本当にありがとうございます…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「けど、辞めます。本当にすいません。」

 

 

 

 

 

その言葉を残して後輩は終電で帰っていった。

 

 

 

 

 

 

 

あの時の俺は、それはもう無力。

 

 

 

 

 

 

その時に思った。

 

 

 

 

 

人って決断したら、気持ちは変えられない。と。

 

 

 

 

 

 

日々は過ぎていき、後輩が辞める月の予定に会議で会った。

 

 

 

その時にこう言われた

 

 

 

 

「俺、会社続けます!これからもよろしくお願いします」

 

 

 

 

 

 

まさかの逆転裁判状態!

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、気持ちが逆転したのか?

 

 

 

 

それが気になり昨日飲みに行った

 

 

 

 

 

色々話したのだが

 

 

 

 

 

有難いことに、俺とのあの時の飲みが心に突き刺さったらしい。

 

 

 

他の皆は止めてくれたけど、上辺だけ、もしくは

とりあえずあと1年がんばってみろ

 

 

など、そんなんばっかだったらしい

 

 

 

 

・俺だけが将来を見据えて本気で止めてくれたこと

 

そして尊敬している人から本気でとめられたのが

本当にうれしかったみたいだ

(実績出しといて良かった~)

 

 

 

あの飲みの日の帰り道

 

 

 

いつもは帰りの電車でスマホでゲームをしているらしいのだが

 

 

 

あの時の帰りの電車だけは、心に何が残ったらしい

 

 

 

 

そして後輩は辞めるまでの間、仕事に打ち込む

 

 

 

 

 

俺の会社は物販だ。

 

 

 

 

別に生きていく上で、いらない物を売っている。

 

 

 

いらない物を売る、この作業は売る技術と本人の本気マインドが必要となる

 

 

 

 

そこで彼は気づいたらしい

 

 

 

 

お客様は「いらない物、なくても困らない物」を自分の熱意で買ってくれた

 

 

 

そしてその後、とても喜んでくれている

 

 

 

そのお客様にとって、後輩が売った出来事によって、新しい趣味になった。

 

 

 

これって、すごいことじゃないかと。

 

 

 

 

自分の売る技術と気持ちで人の心を動かせる

 

 

 

新しい趣味をみつけさせる

 

 

 

 

自分次第で未来が変えられる。

 

 

 

 

 

そう思ったらしい。

 

 

 

 

(俺の仕事は本当に新しい趣味にしてもらえるのだ)

 

 

 

 

そう思った時に、今での自分がいかに他人、環境のせいにしていたか。

 

 

 

本当に反省したらしい。

 

 

 

 

そして彼は前を向いて今、仕事に打ち込んでいる

 

 

 

 

 

 

そんな充実した飲みの後、後輩と改札で別れた後

 

 

 

 

 

ナンパの神様はやってきた

 

 

 

 

 

前から歩いてくる宝生舞(古いか)に似ている女性

 

 

 

 

 

 

 

俺のタイプだ。

 

 

 

 

ナンパを今年から復活した俺は、仕事帰りにナンパするように心がけていた

 

 

 

 

声かけに躊躇はない

 

 

 

 

お酒も入っていた。ミンティアを口にいれ

 

 

 

 

 

 

堂々とフロントアプローチ

 

 

 

 

 

「どこいくん、帰り?」

 

 

 

「そうです」

 

 

 

「いやいや、終電もうないでしょ」

 

 

 

 

から典型的なアプローチからはじまり会話を進めていく

 

 

 

 

居酒屋オファーを入れる

 

 

 

 

「いや、でも寒いし温かい所がいい」

 

 

 

 

 

その時に俺は思った

 

 

 

 

 

なんだか…

 

 

 

 

 

 

 

行けそうな気がするーーーーーーーーー!

 

 

 

 

 

(あると思いますby天津木村)

 

 

 

 

 

これはナンパ用語で言う

 

 

 

 

スピードチャージってやつか!!

 

 

 

 

どうするか、俺。

 

 

 

 

失うものは何もない!GOだ!!!

 

 

 

 

「とりあえず温まりに行こうか!」

 

 

 

 

俺は自宅の方向に向かう

 

 

 

 

あえてハンドテストをせず、そのまま向かう

 

 

 

 

 

テンションは維持。家が近くなっていく。

 

 

 

 

 

「ねぇ、どこいくの?」

 

 

 

 

 

俺「あそこでロイヤルミルクティーを飲むと超うまいから」

 

 

と言い

 

 

 

そのまま家のエントランスへ

 

 

 

 

グダがくると思ったが

 

 

 

 

ノーグダ。よしっ。

 

 

 

 

 

家に入る

 

 

 

 

ハンドテストをせずに行ったので、すぐにキスはせず

少し会話をする

 

 

 

 

・24歳

・介護士

 

友達と遊んでいて終電を逃したらしい

お金が1000円しかなくファミレスか満喫にいくつもりだったらしい

 

 

 

話を進めていく内にマッサージからギラつき開始!

 

 

 

 

胸をどさくさにまぎれて揉んでみる。

 

 

 

 

 

 

「おや??」

 

 

 

 

 

 

 

 

「これはデケーぞ!!」

 

 

 

 

「これはデケーぞyoh…〇〇さん」

 

 

 

 

確実にEカップは確定

 

 

 

 

 

「シャワー浴びてくる」

 

 

 

 

 

 

 

こうして俺は、人生初のストリートからの即を経験した

 

 

 

 

 

 

 

 

不思議な感覚だった。

 

 

 

 

居酒屋からの即とクラブからの即は経験したことある

 

 

 

 

 

でも今回は誰の手も借りず、自分だけで勝負をしかける。

 

 

 

 

自分で自分を褒めてあげた。

 

 

 

 

 

しかし、俺の心は思った以上に心の満足感はなかった。

 

 

 

 

それは、カフェからの感情をコントロールしてからの即ではないからだ。

 

 

 

今回の即はラッキー即。

 

 

行動に移した自分は褒めてやりたいがラッキー即

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事が終わった後、俺は死ぬ程眠かった。

 

 

 

 

それと同時に翌日に彼女が家に泊まりにくる。

 

 

 

 

痕跡など残してはいけない

 

浮気をバレないようにするのも大人のマナー

 

 

 

佐藤さんの言葉がよぎる。

 

 

 

 

しかし、彼女はまだ俺と話したそうだ。

 

 

 

 

 

俺の出した決断

 

 

 

 

 

「タクシーで帰らせる」

 

 

 

 

 

お金がマジでないと言われたので

 

 

 

5000円渡して、これで帰りや。

 

 

 

 

 

彼女を帰宅させた。

 

 

 

 

 

 

一応、LINE交換をした。朝確認したらトーク欄に

彼女の名前がない、とゆーか彼女の名前も知らないけど

 

 

 

そう、ブロックされたのだろう。

 

 

 

 

 

でも、いいんだ。もう彼女とは会う気はなかったから。

 

 

 

 

 

一夜限りのワンナイトラブ

 

 

 

 

 

俺はカフェクロージングからの抱ける男を目指すために

 

 

 

 

また町にでる。これからも。

 

 

 

 

 

 

追伸

 

 

 

辞めなかった後輩が、来月から俺の直属の部下になるに決まりました

 

 

 

夢を見よう

 

 

 

 

仕事の世界でも。

ナンパの世界でも。

 

 

 

 

追、追伸

 

 

彼女のカップはGカップでしたー

まぢでかかった笑

 

 

 

彼女が後で寝ているところ、ブログアップという荒技。笑